出会い系サイトで詐欺られそうな知り合いのおっさん[エロ体験談] - エロ体験~エッチな話 体験談まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タグキーワード
  • No Tag
コメント(-)トラックバック(-)Edit

出会い系サイトで詐欺られそうな知り合いのおっさん[エロ体験談]

自分のマンションの真下に、
貧乏しとる中年の60代前後のおっさんが単身で住んでいる。

午前中、荷物を預かってくれてた事もあり、
おっさんをたずねると、

「ワシ、この生活抜け出せそうや」

またよからぬ事やっとんなと思いつつ、
台所で茶を飲みつつ話を聞くと、話は大体こんな感じだった。

「一週間前に暇潰し思て、出会い系に登録してみた」

「そしたらすぐ100通とか届くんよ、これとかこれとか、
この娘なんか『処女でいるのが恥ずかしい、
50万で私を抱いて』言うねん。


写真これ(おもくそギャル。

キャプションに「真美富豪の娘」と)。

この人なんかな、離婚して慰謝料330万もろてんけど、
人生つまらんから思いきって使いたい言うてな。

50歳や言うねんけど、この写真、どう見ても20代にしか見えんやろ?」

「ワシも『毎日でもエッチいけます』とか書いてね、
まあそんな毎日は無理やけど、腰も痛いしな~わはは、
でも今でもいくらでもいけるよワシ」

「でな、この人とずっとやり取りしててな、
この写真(叶姉妹の妹みたいなの)。

他のは裸の写真やらオナニーしてるのやら送ってくる、
凄いねん。でもこの人はちゃうねん。
貿易会社に勤めてるんやけど、
ホストクラブやらに貢ぐのに疲れた言うてんねん。
それやったら信用置ける人にてな、
ワシの事気に入ってくれててな、
こういう事情やからワシも信用できんねん」

「付き合ってくれるなら1000万くれる言うねん」

「もう夜も眠れない言うて、夜中もメールくるし、
仕事の合間にしょっちゅうメールくんねん。
これ来た時間を書き留めたやつ。
もうこの1週間で200通もきてんねん。真剣やねん」

「さっきの330万かて、中途半端な額やろ。ウソじゃ書けへん」

「この前会おういう事になって駅で待ち合わせしてんけど、
改札がいっぱいあってな。
連絡しようとサイトに問い合わせるんやけど、返事が来ん。
そういうメールを取り次がんのよ。
ワシがよう使うと思って、サイト側が邪魔しよんねん。
せやから何度も文句言ってやった。
それを証拠に次にその子からメール来ても、ワシの送ったのと全然噛み合わん」

「前なんか、他の子でワシのためにサイト料20万を振り込んだけど、
それはダメ言うて送り返したてサイトから連絡が来てん。
『何勝手な事しくさんねん!訴えるぞ』て送り返したわ」

「もう、1週間やけど、これで10万は使たかな~、
ほんまタバコも買えへん」

「今日3時にまた約束したんよ。会社の仕事早く終わらすって。
車がいる思て昨日日産行って車も見積もりとった、
え、金?その人の名義で買うから。車?フェアレディZ。車いるやろ?」

「ワシが何て名乗ってるか?いや、『名無し』やで」

「仮に会えたとしてその人が『やっぱびた一文払わん』言うたらどうすんの?」

と聞いたら

「それはない!」

の一言やった。

「サイトでかかった金も会ったら払ってくれるって言うねんもん」

もちろん、俺は午前中長い時間かけて、
罵詈雑言も含めあらゆる言葉を費やし、
説得を繰り返したが、これまでも知り合い友人等々から寸借サギ、
サイフ持ち逃げなどなど散々騙されても、騙されても、今回はガチで信じるとの事だ。

帰り際の彼の一言。

「もし会えたらお祝いしよな、旨いもん食いに行こな、きっとワシエエ顔しとるわ」

今度こそ、地獄行き超特急が走り始めたかもしらん。

もうこうなったら誰にもこのおじさんを止められない。




関連記事

タグキーワード
  • No Tag
コメント(-)トラックバック(-)Edit
Copyright © エロ体験~エッチな話 体験談まとめ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。